2017年3月12日日曜日

教会創立54周年記念礼拝

3月5日の礼拝は教会創立54周年記念礼拝でした。
54年間守られ多くの実を結び、成長させられ、神様をほめたたえることのできる恵みを感謝します。
以下週報一面を掲載します。

創立54周年を記念して ~副田信子夫人「十周年小誌」より~
〇――昭和35年4月、東京開拓伝道のため名古屋より上京、二子玉川の連盟住宅に仮住居して伝道地を探がし歩き、やっと井の頭沿線、明大前の個人住宅で伝道集会を開始致しました。筆舌につくしがたい伝道上の苦難と、それを覆いつくして余りある恵みに支えられ、明大前伝道所の働きと定住の伝道地の与えられんために祈りつつ3年がたちました。 〇昭和38年2月25日、現在の大泉会堂と牧師館に移転。「大泉バプテスト 伝道所」として3月3日、第1回聖日礼拝を牧師夫婦と9名の方々と共に守りましたときは、本当に感慨無量で、礼拝奏楽に指が震えるのをとどめることができませんでした―――――(以下略)
〇副田信子夫人の感動の様子が伝わってくるようです。昭和38年(1963年)の3月3日に、初めてこの地で11名の礼拝出席の下、記念すべき第1回の主日礼拝が献げられたと初代牧師夫人は証言されています。当時はまだ会堂の周囲はほとんど畑であったということです。
〇この1963年は、4月1日に合併によって北九州市が新たに誕生し、またJ.ケネディ大統領がダラスで暗殺された年でありました。高度経済成長のただ中にあって、政治的には激しくゆれ動いた年でありました。
〇そのような年の3月1週に礼拝が献げられて以来、教会は一度も欠かすことなく主日礼拝をささげてきました。2800回を超える礼拝の歴史を受けて、本日あらためて54年目の教会創立記念礼拝をささげることができるのはまことに感無量であります。
〇初代の副田牧師から4代にわたって受け継がれてきた福音宣教の働きは、主イエスから教会に託された第一の使命であります。この地に教会が立つ限り、福音が語られ続けなければなりません。新しい年度を前にして、来たる年も伝道する教会として固く立ち続けたいと願うものです。
木村 一充

2016年12月25日日曜日

クリスマス礼拝2016

 多くの教会では12月25日以前の最も近い日曜日にクリスマス礼拝をささげます。今年は第4週が25日のクリスマス当日で暦とぴったりあった恵み深い礼拝となりました。会堂がいっぱいになるほどの方が見え、初めての方も久しぶりの方も主イエスの誕生を喜び祝いました。
 父なる神が遣わされた御子イエスは、十字架によって死に渡されるために産まれました。彼の誕生にははじめから死の影がありました。それは、主イエスの死によって、私たちが永遠のいのちを得るためでした。主イエスがこの地上に来られたことは、神の最大限の愛の表現です。父なる神と御子イエスの愛の絆によって、私たちにいのちと自由が与えられたことを感謝をもって心に刻む時となりました。

 礼拝のあとの食事会では持ちよりのごちそうが所せましとならびました。毎年のことながら圧巻です。
 その後は、毎月第4週に行っている教会カフェを行いました。今回はクリスマス特別ヴァージョンで、聖歌隊の賛美コンサートつき。8名の新しい方がお見えになり、喜ばしいことでした。
 新しい年も恵みあふれる一年となり、少しでも世界に争いや悲しみがないように祈りつつ。

大野 夏希




イブ礼拝2016

 主イエス・キリストのご降誕を祝う今宵を心から感謝します。
今年のイブ礼拝も、私たちの光となるために、最も暗い暗闇まで降りてきてくださった主イエスの深い愛を深く思う時となりました。
 暗闇を知っている人でなければ、光の尊さはわかりません。ですから暗闇は、神の光と愛に出会うためのトンネルのようなものです。真っ暗闇のなかで照らされる光に導かれて、私たちは人生で目指すべき出口がわかるのです。
 世を照らすまことの光であるイエス・キリストの愛が、あなたの心を照らし、平安と喜びで満たしてくださいますように。

大野 夏希




2016年12月12日月曜日

天国のKさんに見守られて ~小羊会クリスマス会 in M家~

私たちの教会では、今年も「小羊会クリスマス」が12月3日(土)に行なわれました。
「小羊会」は、礼拝後に子どもたち(小学生)を対象に行われている小さな学びの会ですが、クリスマス会は、およそ30年前からM家で行なわれています。
毎年朝5時から、スモークチキンの準備していたのはM家のKさんでした。ところが昨年の11月、クリスマスの準備を例年より早めに終えたKさんは急に天国に行ってしまいました。買い物等の準備も一手にされてきたKさんが抜けた穴は大きかったことでしょう。でも私たちの心配をよそに、今年も例年通り行われたのです。
奥様のEさんの手品から会は始まり(写真①)みんなでさんびかを歌い、木村牧師のクリスマスメッセージを聞きました。
第2部は待ちに待ったクリスマスのご馳走。お肉を準備してくださったのは、30年数年前は小羊会メンバー(小学生)だった三男Aさん。今ではもう小羊会メンバーとその予備軍(幼稚園、2歳)の3人の女の子のお父さんです。
小羊会奉仕者、M家のお嫁さんたち、お孫さんたちもお手伝いしたという心のこもったお皿でテーブルは一杯になりました。(写真②)この写真にはお肉やケーキやフルーツポンチ他は写っていなくてゴメンナサイ!筆者は食べる方に一生懸命になってしまったもので……。 
最後はビンゴゲーム。Kさんも笑って見ておられました。(写真③)
初めて教会のクリスマス会に来てくださった子どもたち、お母さまたちの心の片隅に、救い主イエスさまのお話とこの日の思い出が残りますように……。

Kさんがサンタの帽子をかぶってリードされた2年前の貴重な写真も公開いたしますね。(写真④)

木村まどか





写真①





写真②




写真③




写真④








2016年12月10日土曜日

クリスマスチャリティコンサート ~被災地に思いを寄せて~

 12月4日、九州、東北の被災地に思いを寄せてのクリスマスチャリティコンサートが行われました。
 折しも、今年は大泉教会聖歌隊が結成30周年を迎えた節目の年。その感謝と記念も込めてのコンサートでした。聖歌隊を始め、グレイスベルハンドベル、そしてゴスペルフラの「エインカレム」による演奏とダンスが披露されました。
 30年の間に聖歌隊メンバーの多くは入れ替わりましたが、結成当時からずっと歌い続けているメンバーもおり、30年間神様が聖歌隊の歌声を通して、礼拝を祝福し、また多くの活動をさせてくださってきたことに感謝しました。澄んだハーモニーが響き渡るなかに、被災地への祈りと、私たち一人ひとりを愛し、招いておられる神さまのまなざしを感じました。
 グレイスハンドベルのきよらかな音色は、イエス・キリストの降誕の奇跡を思い起こさせてくれました。エインカレムのフラダンスは、ひとつひとつの表現の美しさに多くの方が心を打たれ、大きな拍手に包まれました。
 たくさんの感動に包まれたコンサートとなったことは、これまで準備し、心にかけてきた多くの方々の祈りと、祈りに応えてくださった神様の祝福の賜物です。メリークリスマス!

大野 夏希







心もお腹も満たされた! 女性会クリスマス会2016

 今年もクリスマス行事のトップを切って女性会のクリスマスが12月2日(金)に行なわれました。
講師は常廣澄子先生(志村バプテスト教会牧師)。「来年古希を迎えますが、牧師としてはこの4月からですから、まだ若葉マーク付きです……」と言われる先生は、干支は亥(いのしし)で猪突猛進型とか。いえいえ、とても温厚でやさしい語り口で、人生の後半になってどのように神様に導かれて牧師となったかを話してくださいました。
 先生は20年近く「いのちの電話」の相談員としての奉仕をされてきましたが、「相談される方の抱える深い心の闇を解決するには、神様と出会わなければならない、その方が完全に救われるためには、神様を伝えなければならないと思うようになった」とおっしゃいました。また先生のお話を通して、「聞く」ことの大切さについても学びました。
  例年この会には「讃美歌を歌う会」の方々も参加し日頃の練習の成果?をご披露しています。今年はみなさんで「羊飼いたちが野宿の夜」(新生讃美歌170番)を賛美しました。いつも「讃美歌を歌う会」に参加されている男性も応援に駆け付けて重厚な混声合唱をお聞かせすることができました。
 プレゼント交換(無記名のメッセージカード付き)がまた楽しいひとときです。それぞれにぴったりのプレゼントとメッセージが届きます。温かさと笑いに包まれます。
  そして持ち寄りの愛餐会にはこんなクリスマスツリーのケーキまで!(だあれ?写真撮る前に食べようとした人は!)
 抹茶クリームのツリーにバラ型りんごやべりーや星のフルーツ……みんなのお腹に見事に収まりました。
   
木村まどか



2016年10月4日火曜日

恵みの喜びに満たされた姫路伝道

 9/24~25の2日間、大泉教会の聖歌隊は姫路の2つの教会へ伝道コンサートに向かいました。
以下に、聖歌隊メンバーの報告記事を掲載します。


○東京から乗り込んだ新幹線の窓には途中激しく雨も打ち付けていましたが、姫路駅に降り立ったときには日が射すほどに天気は回復。そして、駅からまっすぐ走る大通りの先に見える真っ白な姫路城の姿にメンバーの何人もが感激の声をあげる中、姫路伝道がスタート。その足で向かった姫路野里教会での賛美と証しのコンサートには、近隣の年配の方も含め会堂がいっぱいになるほどの参加者が。その人たちの輝く瞳、時に口ずさんでいる姿、共に歌った時の若々しい声などに我々も胸が熱くなりました。

○主日礼拝は姫路城の西側の静かな住宅街にある小さな姫路城西教会での賛美と説教の奉仕。大田雅一牧師が姫路にゆかりの文学者でキリスト者である椎名麟三の作品を切り口に、ルカ書24章のイエス様が弟子の前で魚を食べられた出来事から復活を解き明かしていったわかりやすくも力強く、そして魂に響く説教は、姫路城西教会員はもちろん我々も大いに勇気と希望を与えられました。午後の賛美と証しのコンサートには姫路だけでなく神戸からも参加者があり、会堂もいっぱいになりました。賛美を聞く人々の体温までも感じるような雰囲気の中でのコンサート、ここでも我々の心は大いなる神の業への感謝と賛美する喜びに満たされ、姫路伝道も無事終了。感謝、感謝。 
加藤洋一


姫路野里教会
















姫路城西教会